トップページ

日常生活を送るために、お薬が欠かせない人も沢山いらっしゃると思います。
そんなお薬に関する基礎知識や、あまり知られていない事を紹介します。
また、全国から寄せられたお薬の口コミも掲載しておりますので、皆様の健康管理にお役立てください。

お薬に関する基礎知識

お薬には第一類医薬品・第二類医薬品・第三類医薬品と区別がありますが、区別がある事は知られていても何が違うのか意外に知らない人もいると思います。
第一類医薬品は、薬剤師しか取り扱う事が出来ないと法律で定められています。
内容はこれに属するお薬を患者である私達が服用する時に、重大な副作用を起こす可能性が有る、又は可能性が特に高い物を指定しています。
通常この第一類医薬品は市販の薬局では扱う事は出来ず、指定された調剤薬局のみ取り扱う事が認められています。
それに加えてその医薬品は夜間など人のいない時間で保管する場合は、鍵の付いた棚でする事も義務付けられています。
ただし唯一市販で売られているお薬として「ロキソニン」は薬剤師が扱うことを条件にドラッグストアで購入可能です。

話題の情報を紹介

  • すっぴんでもサマになる、フサフサのまつげを手にすることができます。人気のまつげ美容液について徹底調査したサイトです。
  • ED治療薬の代名詞といえば何と言ってもバイアグラです。お求めやすい価格の正規品のバイアグラを販売しているオススメの通販です。
  • 男性に人気の高いバイアグラの正規品をお手頃な価格で紹介している体験談や効能も含めた情報サイトです。

第二類医薬品

第二類医薬品は薬剤師又は登録販売士の資格を持っている人が扱う事が出来ます。
副作用の起こる程度が第一類医薬品より低い、又は重大な副作用は起こさない物という定義がされています。
ただし一類同様説明をする義務があり、副作用についても起きない訳では無いので注意が必要です。
第三類医薬品は副作用の危険性がほとんど無い程度で登録販売士のいるドラッグストアでは何処でも取り扱いが出来ます。

お薬の区分について先に挙げたので、次にお薬手帳の活用方法を取り上げます。
一つの病院で一つの科でお薬を処方してもらっている人は大丈夫なのですが、2つ以上の病院にかかっている、又は総合病院で2つ以上の科でお薬を処方されている人はお薬手帳を活用する事によって自分を守ることが出来ます。
それはお薬の飲み合わせの影響で副作用が起こる可能性があるからです。
お薬手帳を調剤薬局で必ず提示することで、薬剤師が飲み合わせについて必ずチェックしてもらえます。
さらに災害時にお薬を支給してもらう時に、お薬手帳は医師から自分の飲んでいるお薬の処方の証明になる為優先的にお薬を処方してもらうことも出来ます。

最後にジェネリック薬品ですが、新薬が開発された際にほぼ同じ成分で出来ていて過去から扱っていたお薬の事をジェネリック医薬品と呼びます。
新薬が開発された事で過去に開発されたお薬は価格が低下する為、医療費が抑えられるというメリットがあります。
基本的には薬の成分が変わらない為、抵抗を感じない方は活用を医師と相談して処方してもらうことも出来ます。
3つのお薬について話題を挙げましたが、さらに知識を蓄え自分の服用しているお薬についての知識も身に着けておく事も大事なことだと思います。

関連情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ